性病ウイルス撃退ナビ

感染症の一つとなる性病を治して晴々とした生活を送りましょう!

指を上に指している医者

ジスロマックを用いてコンジローマの原因菌を除去

大人であれば誰もが気にかけるのが性感染症についてです。
性感染症は、行為により感染しクラミジアやコンジローマが認知度が高いと言えます。
中でもコンジローマは特徴的でウイルスが要因となりイボが生じます。
原因となるウイルスには、良性と悪性の2種類が存在しており、コンジローマの要因となるのは良性です。
しかし悪性の場合は、子宮頸がんなどを引き起こしてしまうとされています。
このウイルスは人間のみに感染することが認められている上に、一般的なイボなどにも関係しているとも言われています。
こうした症状にはジスロマックが効果的です。
抗生物質のジスロマックは、血小板からウイルスを殺菌することができるためコンジローマを引き起こしてしまうウイルスを死滅させることが可能なのです。
細菌のイメージ原因菌が皮膚もしくは粘膜に存在している小さな傷に入り込み、血小板へと侵入することで発症します。
行為により生じるため、下半身を中心とした部位が主ですが口唇や口腔内など顔に起こる場合もあります。
発症した際には、性別に左右されず薄いピンク色もしくは茶色のイボが出現します。
時折、黒色に近いものも出現することを覚えておきましょう。
このようなものが現れたとしても自覚症状と言えるようなことは確認しにくく、若干痛みや痒みといったものを感じる程度です。
治療は、ジスロマックを用いて血小板から原因菌を取り除くということが一般的ですが担当の医師としっかりと相談するということを怠らないようにしてください。
ジスロマック以外の方法では塗り薬を使用します。
健康保険が適用されるため、金銭的な負担というのは小さく抑えられるでしょう。
方法は簡単で1週間に3回ほど自分で塗りこむだけです。