性病(STD)の原因となる色々なウイルス

性病(STD)の原因となる色々なウイルス

現在性病で悩んでいる人が増えてきているとされています。
しかし症状が現れても恥ずかしくて病院に行くという人が少ないので、なかなかその症状を把握することが難しくなっています。
このような性病(STD)の原因となる色々なウイルスがあります。
たとえば性病の中には淋病というものがありますが、これは性器クラミジア感染症の次に感染者の多い性感染症となっています。
男性の250人に1人が自覚症状があるとされています。
その自覚症状としては排尿痛などが主なものとなっています。
感染経路としては風俗女性からの感染が多くなっており、口腔感染によるものが多くなっています。
女性の場合には感染しているということに気がついていない人が多いです。
その結果不妊症につながると言うこともあります。
特に最近は若い女性に感染している人が多くなっています。
淋病の原因となるウイルスは、淋菌という細菌が色々な性行為で感染することが原因となっています。
1回の性行為での感染率がとても高くなっています。
症状は男性の場合尿道から膿が出たり精巣が腫れたりします。
また発熱することもあります。
放っておくと前立腺炎や精液に血が混じると言うことにつながってしまいます。
女性の場合にはおりものの量が増えたり軽い発熱があったり下腹部痛が見られます。
放っておくと卵管炎や骨盤髄膜炎という恐ろしい病気につながってしまうおそれがあります。
治療としては淋病に効果のあるセフォジジム等の抗生物質を注射で投与します。
クラミジア感染症の場合には、治療方法としてジスロマックを使用することがあります。
性病の場合には早めに対処をすることで治ることができるので、恥ずかしがらずに病院に行って適切な治療を受けるようにします。

↓ネットで買える性病治療薬
ゾビラックス

↓第二世代のヘルペス治療薬
正規品バルトレックスを通販する